Objective-C

InfoTech

[自在]ロシア語でアプリレビューが付いたのでロシア語勉強するよ。

久しぶりに、iTunesConnectでアプリ販売の状況を確認してみたら、 「お、日付カメラアプリに初めてのレビューが書かれているではないかっ!」 ということで、レビュー画面を確認してみたら、、、、 ロシア語ですよ。。。orz Над
Books

[自在]NSMutableArrayクラスを使えば、Objective-Cでもひと通りの配列操作は可能。

iPhoneアプリ用の新しいアルゴリズムを考えていたら、Rubyのような配列操作が出来たらいいのになぁ、Objective-Cでは難しいよなと考えていた。 純粋なObjective-Cでは難しいのかもしれないが、NSのクラスを使えば、色々
Books

Obejective-Cのインスタンス変数_nameとself.nameは同じと考えよう。

結局、iOS6とXcode4.5に対応しているとのことで『iPhone/iPad/iPod touch プログラミングバイブル』も購入してみた。 SDKの基本的なライブラリの解説もあって、初心者向けに網羅的な内容なので、一冊あると便利な本
Books

Objective-Cの@synthesize宣言の使い方がわからない。

Objective-Cの@synthesize宣言がよくわからない。 @synthesize宣言なしで、自動でゲッター・セッターぐらい設定すればいいんじゃないか?と思っていたら、Xcode4.4からは@synthesize宣言は不要に
Books

初心者向けのiPhoneアプリ開発本は『iPhoneアプリ開発塾』が良いかも。

Xcode4.5に対応したiPhoneアプリ開発の入門書は意外と少ないな。 問題は、入門書だとInterfaceBuilderの使い方がメインになるのだが、InterfaceBuilderはXcodeのバージョン依存度が高く、Xcod
Books

iPhoneアプリを開発するなら、やはりObejective-Cかな。「よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書」

iPhoneアプリを開発するなら、やはりObjective-Cかな〜 と最近思うようになってきた。 JavaScript/HTML5という選択肢も流行りではあるが、まだまだ挙動が不安定で発展途上との印象がある。練れるまでには、2,3年か
Books

Objective-Cのオブジェクト指向部分を読めるようになろう

こんばんは、『Objective-C超入門』でObjective-Cを学習中のマスターです。 Objective-C超入門――ゼロからしっかり学べるiPhoneプログラミング【Xcode4.2対応】posted with amazle
Books

最初に覚えた言語がObjective-Cでもいいじゃないか。

以前なら、子供はBASICでプログラムを覚えたものだが、いまでは適当な言語がないと思っていた。 無理矢理BASICをやる手はあるが、いまさら覚えたところで使い道がない。またオブジェクト指向の時代には、BASICでは変な癖がついてしまっては
Books

「Objective-C”超”入門」は、Objective-Cでプログラム入門する人に最適!

cocos2dをマスターする前に、基本的なObjective-Cの文法をおさらいしておいた方が良い。 以前はObjective-Cの解説本と言ったら、「詳細Objective-C 2.0」ぐらいであったが、iPhoneが普及したおかげで、も
InfoTech

[自在]Codeacademyも日本語化されている!

アウトプットする前に、インプットしたいことがまだまだ多い。 簡単に列挙すると、 Webサービス系 git Ruby on Rails Coda2 Heroku Jquery クライアント系 Xco
スポンサーリンク